IMG_0768
上高地線を運行するアルピコ交通は2021年、前身の筑摩鐵道創立から101年を迎えます。アルピコグループ各社では「100+1」周年として、この春より各企画を展開していますが、同グループの祖業に当たる鉄道上高地線では、専用のヘッドマークを電車2編成に掲出しています。
DSC_2350~2-1024x683
このうち「なぎさTRAIN」に掲出されているものについては、6月中旬より新しいデザインのものに変更されています。新デザインは、朝顔と夏雲をバックに、「100+1」周年の記念ロゴ、上高地線のイメージキャラクター渕東なぎささんをレイアウトしたものです。これからの季節にぴったりですね。
DSC_2349
このヘッドマークをもとにした「ミニヘッドマーク」が6月19日より、上高地線の新島々・波田・新村の駅窓口で販売されています。この「100+1」周年に関するグッズは、この春にもミニ駅名板や車番プレートなどが発売されていますが、既に売り切れとなっている品物もあります。入手はどうぞお早めに。(画像は2021/6.19新村駅にて撮影したものです。)