白かえる通信Ⅱ=きて みて はっけん 上高地線=

信州の城下町松本から 山の玄関口新島々へ〜アルピコ交通上高地線の話題をお送りします。

2020年09月

IMG_1318
9月も半ばを過ぎ、上高地線沿線ではそばの白い花が見られるようになりました。この沿線のそばの多くは水田を利用した転作であり、小麦や大豆とのローテーションで栽培されることから、毎年作付される場所が変わります。
IMG_1303
今年は線路から少し離れた場所、もしくは北側での作付が多く「そば畑の中を走る電車」をイメージ通りに捉えるには諸条件に目を瞑らねばなりません。上2枚の写真は曇りの日に下新-大庭で撮影したものです。
IMG_1327


次の撮影地へ向かうべく大庭駅へ。ホームから見上げた空には一面の「いわし雲」次の下り列車を待っていると薄日が射してきました。ころころ変わるものの喩えに、◯◯ココロに秋の空、なんて言葉がありますがさて本日はどうでしょう。




IMG_1340
北新・松本大学前駅で下車。駅の南西にあるそば畑に向かいました。ほぼ狙っていた通りの構図で撮影はできましたが、残念ながら空は再び雲に覆われてしまいました。この場所での撮影は再来年以降の「宿題」ということで...。

IMG_0827
9月も半ば、朝夕はめっきり冷え込む様になりましたね。この日は「なぎさTRAIN」の撮影のため、森口駅で途中下車。当初の目的を果たし、次の上り列車がやって来るまで駅の周りを少しだけ散策。駅そばにある森口公園の一角ではコスモスが目一杯花を咲かせていました。
IMG_0770
こちらの写真は森口公園を抜けた向こうにある国道158号線と、その北側にある三神社の社叢です。江戸時代には、この森口から西側の波田地区中心地にかけて松本藩の藩有林がありました。(森口の地名もこの藩有林に由来するそうです。) この周辺の立木や波田小学校の前庭にある赤松林はその頃の名残なのだとか。
IMG_0793
森口駅に戻ります。この駅は上高地線内で唯一、相対式ホームを持つ駅で、下り線ホームへ向かう構内踏切からはこんな風景をみることができます。現在は平日のみ係員のいるこの森口駅ですが、かつては貨物用の側線もある大きな駅で、50年ほど前には、付近の工場から木材チップや鉄鋼などがこの駅から貨物列車で発送されていたそうです。何気ない風景にも歴史あり、ですね。

IMG_1347
さようなら、6・7番線ホームのそば店
松本駅の6・7番線ホームにあるそば店が今月30日を以て閉店します。かつては朝早い時間帯から営業しており、始発で上ってきた運転士さんが朝食に利用することもあったそうです。なおこのそば店の閉店により、松本駅構内で営業するそば店は0・1番線ホームの一店舗のみとなります。

IMG_1260
この9月16日より「スマホ定期券」の利用券種が、通勤・通学の1・3・6箇月定期券にも拡大されました。「スマホ定期券」は「発車オーライネット」などを手掛けるウェルネット株式会社が提供するアプリ『バスもり!』を利用したもので、アプリを通じて定期券の申込・決済が可能です。上高地線では今年の3月より通学12ヶ月定期券で先行して導入され、利用が好調なことから今回の券種拡大となりました。
IMG_1005
代金の支払方法は、クレジットカード(Visa, Master)・コンビニ支払(現金のみ)・ウェルネットが提供する支払アプリ「支払秘書」の3通りがあります。上高地線は14駅中7駅が無人駅。駅係員の配置がある駅についても営業時間が限られていることから、24時間いつでも申込・購入が可能な「スマホ定期券」はご利用のお客様にとって大きなメリットがありそうです。

IMG_0931
長く続いた暑さも和らぎ、上高地線沿線にもようやく秋の気配が。沿線さんぽにはもってこいの季節の到来です。1枚目は弊通信定番の渕東駅付近から。日に日に黄色味を増す田圃の中を電車が走り抜けます。線路のそばの草もすっかり刈り取られてすっきりとした写真が撮影できます。
IMG_0708IMG_0711
次の列車が来るまで40分ほど。ちょっと足を伸ばして、上波田地区の仁王門・波多神社を訪ねました。波多神社は1143年に熊野権現を勧請して合祀したものがその始まりとされ、現在も素盞嗚尊、伊弉諾大神など6柱を祀っています。仁王門は後述の旧若澤寺から移されたものと伝えられています。
IMG_0716
仁王門・波多神社の東西には石畳の旧野麦街道が走り、石畳のある街並みがみられます。ここは江戸時代旧若澤寺の門前町として栄えました。寺は大伽藍を有し「信濃日光」とも称される規模のものでしたが、明治維新後の廃仏毀釈によって失われました。もしこの若澤寺が近代以降も存続していたら、上高地線も参詣鉄道として使われていたかも知れません。

IMG_0805
上高地線イメージキャラクター渕東なぎささんのラッピング列車「なぎさTRAIN」(モハ3005+クハ3006)が重要部検査を終え9月5日より営業運転に入りました。検査に入ったのが7月7日ですからおよそ2ヶ月ぶりの登場です。なおヘッドマークは、「なぎさTRAIN」オリジナルのものではなく、アルピコグループ100周年を記念したものを前後に掲示しています。

IMG_0765
渕東なぎさ(CV:新田恵海)さんによる車内放送も、土休日の日中の列車で引き続き実施しています。「なぎさTRAIN」の運行時刻は、アルピコ交通の公式サイトにて公開されています。訪問の際にご活用ください。

上高地線運行情報はこちらから(アルピコ交通公式サイト)https://www.alpico.co.jp/traffic/trafficinfo/#lnk_tetsudo

このページのトップヘ